おいしさの秘密

  • TOP
  • おいしさの秘密

おいしさの秘密

水はけや日当たりがよく、寒暖の差が大きい山の急斜面だからこそ、濃く甘く育ちます

おいしさの秘密画像01

良質な土壌と和歌山の太陽が育むおいしいみかん
美味しいみかん栽培には良質な土壌が必要不可欠です。
良質な土壌というのは、微生物が住みやすく活発に活動している土壌。
朽木、落ち葉などを微生物が分解してくれるのでみかんが栄養を吸収しやすく、美味しいみかんに育ってくれます。
しかし、栄養豊富な土壌では雑草なども育ちやすくなってしまいます。
何度も園内を歩き、雑草を丁寧に刈っていくことで、みかんに栄養がたっぷりと行き渡るようにしています。

おいしさの秘密画像02

手間をおしまず、木々の一本一本まで大切に丁寧に育てる
こうして木々の一本一本に愛情をもって育てることでみかんは私たちの気持ちにこたえるように美味しくなってくれます。甘味と酸味のバランスが良く、甘すぎずしつこくない後味のみかんは何個でも食べたいと思える事でしょう。

おいしさの秘密画像03

地域のこだわり

地域のこだわり画像01

和歌山県の温州みかん
全国的に有名な有田みかんと並ぶほど、古くから栽培されてきた歴史を持っており、全国的にも珍しい本格貯蔵の「蔵出しみかん」の産地として有名です。
年内は有田みかんを出荷しています。

過去最高糖度は19度と、とても甘いみかんが出来上がります。
このような甘いみかんは水はけが良く、日当たりの良い場所で栽培しているからこそ育つのです。

地域のこだわり画像02

本格貯蔵の蔵出しみかん
蔵出しみかんは、木造・土壁の土蔵のような造りの貯蔵庫で熟成させることで、甘みと酸味のバランスが良くなり、より美味しくなります。
貯蔵庫の中は厚さ約20センチほどの土壁に囲まれた土間になっており、この環境が室内の温度・湿度を一定に保つことを可能にしています。
貯蔵している間に酸味が抜けて甘みが増し、食べやすくまろやかな味になります。

箱にもこだわっており、特製の木箱に入れて、貯蔵庫内の空気・みかんを入れる木箱の入れ替えを行い、毎日徹底した品質チェックを行って育てています。

生産者のこだわり

生産者のこだわり画像

みかんの生産者が減ってきていますが、栽培範囲を減らさず、美味しいみかんを作るために愛情を持って育てています。みかんに限らず農作物というのは、愛情をもって育てれば育てた分だけ美味しい実を生らせてくれます。

努力は農家によって様々ですが、当園でも美味しいみかんを育てるために、以下のような工夫をしています。

  • どれだけ足を運んで様子を見に行ったか
  • 良質な土壌作りを行ったか
  • 農薬、肥料を出来るだけ使わない
  • 味を守るために機械ではなく手選別を行う

みかん栽培では、気候や天候などの影響を受けます。
せっかく愛情を持って育てても台風によって全てのみかんが落ちてしまってダメになることも…。

愛情いっぱいに受けて育った当園のみかんは絶品です。
是非一度お召し上がりください。

pageTop